Owners Entrance
The History of Winchester Farm



 ウィンチェスターファームは 2002 年 6 月吉田直哉 ・ マリによりケンタッキー州パリス地区で産声を上げました。当州で最も肥沃な土壌を持つこの地区で隣接するのは当国サラブレッド生産の代名詞クレイボーンファーム。そこで 150 エーカー (60 ヘクタール ) の規模で生産活動を始めました。尚、社名は当社やクレイボーン、サンデーサイレンス生誕地として知られるストーンファームが所在するウィンチェスター通りに由来しています。私達の目標はケンタッキー州で繋養されている優れた種牡馬と肥沃でブルーグラスが繁茂する大地を背景に国内外の顧客と協力しトップクラスの競走馬を育て上げるための牧場を構築し生産馬で市場や競馬場で好成績を上げることです。そのために基幹の預託事業の他に配合コンサルタントやセリ馴致、またセリや庭先での売買、種牡馬・現役馬のマネージメント業務、ビジネスパートナーシップ設立と運営も手掛け各顧客の競馬事業について全体的にサポートしています。

 母国フランスと日本、国外での実務研修や競馬産業に本格的に参入した後築いた実績から得た人脈・顧客・経験との強い結びつきが支えとなり吉田直哉とマリは当社創設直後から成績を残し当社は規模が急速に拡大し僅か 2 年目の 2004 年 12 月にレキシントン市のイートンファーム本場 270 エーカー (110 ヘクタール ) の買収に至りました。同社は当州の先駆的な生産者の一人、リー・イートン (Lee Eaton) により創設されたインディアンヒルファーム (Indian Hill Farm) が前身でレキシントン地区の開墾当初から存在する長い歴史を持つ牧場でした。

 インディアンヒルファームは 19 世紀初頭、この地に移り住んだチャールズ・ムーア (Charles C. Moore; 1789-1860) とその妻マリアン、 3 人の子アリス、メアリー、ジェニーそしてジェニーの夫ジェームス・キャントリル (James Cantrill) とメアリーの夫でレキシントンに駐屯する第 5 騎兵隊に所属していたメアリーの夫トーマス・ブレント (Thomas Brent) 少将により開かれました。彼らはこの地で人生を全うし今でも当社のオフィスの隣に彼らの墓標が存在します。南北戦争下ブレント大佐は 1863 年 7 月 4 日に開戦したグリーンリバー橋の戦いで南部軍ジョン・モーガン将軍の指揮下に所属し北部軍ムーア大佐率いるミシガン第 25 連帯を相手に致命傷を負うという記録が残っており彼らが活躍していた時代を感じさせます。

 戦火の最中にあってもムーア家のウェリントンムーアファームは健在でその後子供達によって分割運営されていましたが 1964 年この付近の牧場の買収をしていたリー・イートンに売却。インディアンヒルファームと改名されノースエルクホーン川が流れ場内の一角にアデナ族インディアン墓地を残す 270 エーカーの牧場としてサラブレッドの本格的な生産が始まりました。

 イートン時代に入り牧場は多くの優駿を輩出し始めます。後に同場の基礎牝馬となったコムリーネル (Comely Nell) はカルメットファームから購入したものの失明し競走することが出来ませんでしたが、 1973 産のアイリッシュキャッスル (Irish Castle) 牡駒はファシグ・ティプトンの夏の 1 歳馬市場で売却され後にボールドフォーブス (Bold Forbes) と名付けケンタッキーダービーとベルモントステークスに優勝しました。

イートンは再びコムリーネルをアイリッシュキャッスルと交配させ Gr.1 勝ち馬ダンビース ( Dunbeath) とサラトガシックス (Saratoga Six) の母となったプリンセスフェイム (Princess Fame) を生産します。さらにイートンは血の更新を図りコートリーディ (Courtly Dee) を購入しました。同馬はステークス勝ち馬となったネイティヴクーリエ (Native Courier) 、アリオップ (Ali Oop) 、プリンセスオーラ (Princess Oola) 、トワイニング (Twining) の母となり 1983 年の年度代表繁殖牝馬に選出されました。この牝系からは Gr.1 勝ち馬アザーム (Azzaam) 、グリーンデザート (Green Desert) そしてマーケットブースター (Market Booster) が誕生し、種牡馬ウッドマン (Woodman) もこの地で生まれています。

1999 年イートンは彼の部下ライリー・マクドナルド (Reiley McDonald) とそのパートナーに同場を売却し引退。インディアンヒルファームはイートンファーム (Easton Farm) として繁殖牝馬と当歳を繋養、そして 2004 年同社の歴史は吉田直哉・マリに引き継がれることになりました。マクドナルドは 1 歳馬せり馴致用の牧場も購入しこれが有力コンサイナー、イートンセールとなり成功を収めます。リー・イートンはコンサイナー業を始め多くのサラブレッドビジネスのスタイルを確立し多くの優秀な人材が彼の牧場から輩出されました。

 当社はイートンファーム買収後この牧場の歴史と景観を守り、また農地保護のための PDR プログラムに敷地を登録しました ( 注 PDR プログラム登録によって農地から他の用途への転用は難しくなる ) 。私達はこうした由緒ある牧場を引き継ぎ新しい歴史を刻む機会に恵まれ、嬉々として仕事に打ち込んでいます。








WINCHESTER FARM

4468 Mount Horeb Pike
Lexington, KY 40511 USA
電話   859-226-0788   ファックス  859-226-0078